【動画】吉野家築地一号店の原田店長インタビュー=竹谷俊之撮影
[PR]

 東京・築地市場の最後の日。多くの人が市場を訪れ、場内はにぎわいを見せた。不安を抱えながらも豊洲市場に移る人、移転を機に市場を去る人、情緒ある店や風景を惜しむ人。様々な思いを胸に、人々は83年の歴史を刻んだ「日本の台所」に別れを告げた。

 「築地市場は、営業を終了します」。6日正午、場内にアナウンスが流れた。

 市場では各所で、最後のあいさつをする光景がみられた。午前6時すぎ、水産仲卸「佐孝」の店先で、店主の佐々木久和さん(42)が顔なじみの客に「お世話になりました」と声をかけていた。近海ものの魚介を扱ってきた店の3代目。地下水汚染の問題を抱える豊洲での営業に、「心配もあるが、できる限り頑張っていきます」と話した。

 並んで店に立った母の光恵さん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら