[PR]

 米政府が5月、在イスラエル大使館を商都テルアビブからエルサレムに移転したことについて、パレスチナ自治政府は28日、ウィーン条約違反だとして米政府を国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)に提訴した。

 ICJによると、パレスチナ側は、移転は受け入れ国の領土内に大使館を設置することを定めたウィーン条約に違反していると主張している。パレスチナ自治政府のマルキ外相は29日、「我々はいかなる政治的、経済的な恐喝を拒否する」と述べた。

 エルサレムはパレスチナとイスラエルが首都と主張し争いが続いているが、トランプ米政権はイスラエル寄りの姿勢を鮮明にし昨年12月、エルサレムをイスラエルの首都と認め、今年5月に大使館を移転した。パレスチナ自治区ガザ地区では大規模な抗議デモが起き、多数の死傷者が出た。米国はさらにパレスチナ難民支援の国連機関への拠出金を完全停止するなど、パレスチナへの圧力を強めている。(ブリュッセル=津阪直樹、エルサレム=渡辺丘)