同僚警察官への強制わいせつ罪、元警部補2人に有罪判決

有料記事

一條優太、菅原普
[PR]

 同僚の女性警察官にわいせつな行為をしたとして強制わいせつ罪に問われた、いずれも福岡県警留置管理課の元警部補、枝尾光博(58)=依願退職=と於保(おほ)重信(59)=同=の両被告の判決が31日、福岡地裁であった。太田寅彦裁判長は「卑劣、悪質で、破廉恥だ」と述べ、枝尾被告に懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑懲役1年6カ月)、於保被告に懲役1年4カ月執行猶予3年(同)を言い渡した。

 判決によると、2015年9月18日夜、福岡市中央区の飲食店であった同課の懇親会で、於保被告が同僚女性の背後から両脇に腕を入れて持ち上げて仰向けに引き倒し、枝尾被告が両足をつかんで無理やり足を開き、覆いかぶさるなどしてわいせつな行為をした。

 判決は、「枝尾被告の股間付…

この記事は有料記事です。残り242文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!