[PR]

 プロ野球のドラフト会議で、山梨学院高の垣越建伸投手(3年)を5位指名した中日のスカウトら3人が31日、甲府市酒折2丁目の山梨学院大を訪れ、指名のあいさつをした。今夏の甲子園で悔しい思いをした垣越投手は「ようやく実感が湧いた」と笑顔を見せた。

 垣越投手や吉田洸二監督と向かい合った中日の松永幸男編成部長は、今夏の山梨大会初戦をスタンドから見た衝撃を語った。三回までに9者連続三振を奪った投球を目の当たりにし、「あのまっすぐはなかなか当たらない」と評価した。

 この後、甲斐市の日本航空高出身で、左腕投手として活躍した八木智哉スカウトが垣越投手に中日の帽子をかぶせた。八木スカウトは「重い直球が魅力。三振が取れる球種を増やし、1軍のマウンドを着実にめざして」と話した。

 垣越投手は中学時代、岐阜県高…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら