[PR]

 H2Aロケット40号機が10月29日、打ち上げに成功した。鹿児島県内の高校生たちが打ち上げに向けて10月28~30日、同県南種子町茎永の宇宙航空研究開発機構(JAXA)種子島宇宙センターを見学した。部外者に公開される機会が極めて少ない大型ロケットの射点や組立(くみたて)棟などの特別エリアを見て回り、センターの若手職員とも交流した。

 種子島でロケットが打ち上げられて50周年と、明治維新150年を記念して県とJAXAが公募。高校生23人が参加した。28日夜は組立棟から射点への機体移動、29日は管理棟から打ち上げを見守った。

 30日には特別エリア見学。JAXAの青い作業着に着替えた1人は「世界で一番着たい服です」と口にすると、管理課職員の宗像愛里さんは「私も。(着るのが)誇らしいです」と応じた。見学後はセンターの食堂で職員たちと「同じ釜のめし」を食べ、職員気分を味わった。

 加治木高校の中尾颯吾(そうご…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら