【動画】ゾウガメ飼育のプロで熱のこもったカメレースの実況でも有名な渥美良さん=志村亮撮影
[PR]

 静岡・伊豆半島の動物園「iZoo(イズー)」は、ゾウガメの繁殖が盛んなことで知られます。その陰に、ある飼育員がいました。

伊豆の動物園「iZoo」飼育員 渥美良さん(46)

 静岡県河津町の伊豆急行河津駅から海沿いの国道135号に出て、南方に進む。太平洋の波しぶきを感じつつ、坂をのぼり切ったあたりに爬虫(はちゅう)類中心の動物園「iZoo(イズー)」はある。カメ専門の「伊豆アンディランド」から2012年に経営を受け継いだ。

 駅近くの自宅を午前4時半に出る。この道のり約2キロを歩いて、いつもの日課が始まる。午前5時に職場に着く。草食のカメにはニンジン、小松菜、バナナなど、肉食は鶏頭、アジなどを食べやすいよう刻む。ゾウガメの飼育室をデッキブラシで掃除する。午前9時の開園から客の案内も加わる。

 平日は午前11時と午後2時の2回、名物のカメレースを実況する。番号を付けたイシガメなど10匹を競争させ、見物客に1着をあてさせるゲームだ。

 午後5時に閉園。広場から飼育室に戻ったゾウガメたちにニンジンを与える。後片付けを済ませ、午後5時半には園を出る。

 このような生活を22年間、黙々と積み重ねてきた。

 幼い頃から水族館へのあこがれがあった。大学で海洋学を学んだが、「箸にも棒にも引っかからず」就職活動に失敗。卒業し、うちひしがれて故郷の静岡県島田市に戻った翌日、ハローワークを訪れると、伊豆アンディランド飼育員の求人があった。特に何も聞かれなかった。いつから来られるかと逆に聞かれ、仕事が決まった。

国内で屈指の繁殖数

 iZooは、希少動物であるゾウガメの繁殖で知られる。今年春も、アルダブラゾウガメが8匹孵化(ふか)した。これまで飼育員として誕生にかかわったゾウガメは60頭以上にのぼる。国内の動物園では屈指の数という。

 だが、コツを尋ねると「特に何もしていません。勝手に増えます」と言う。

 時期が来ると、メスが地面に穴を掘り始める。産卵のサインだ。陣痛促進剤を注射し、卵を産んだら孵卵(ふらん)器に移す。「それだけです」と言う。

 カメに驚かされたことはあるか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら