[PR]

 指定暴力団山口組がハロウィーンに子どもたちにお菓子を配るのにあわせ、地元の住民らが31日、山口組の総本部(神戸市灘区)の周辺で暴力団追放パレードをした。

 兵庫県警によると、山口組は分裂騒動があった2015年を除き、毎年10月末にお菓子を配っている。昨年は近隣住民らに約800個を配ったとみられる。

 地元の暴力団追放推進協議会が、子どもらがお菓子を受け取りにいかないようにとパレードを企画。地元住民や県警関係者ら約100人が集まった。

 参加者たちはこの日午後、「ハロウィーンはやめろ」「子どもたちを誘うな」などと声を上げながら、「みんなの力で暴力団排除」と書かれた横断幕を手に、総本部の周辺を約20分間行進した。だが、その後、山口組は総本部を訪れた子どもらにスナック菓子などを配った。