[PR]

 全日空は31日、子会社のANAウイングスの40代の男性機長が飲酒の影響で体調不良になり、25日に乗務予定だった石垣―那覇便など計5便に乗務できず、各便に遅れが出たと発表した。同社は、乗務12時間前以降の飲酒を社内規定で禁じており、これを踏まえてこの機長を処分する方針。

 全日空によると、機長は24日午後10時ごろまでに沖縄県石垣市内の飲食店でビールやハイボールなどを6杯飲んだ。25日午前8時10分石垣発の便から乗務予定だったが、体調不良でキャンセル。別の機長の手配などで遅れが生じた。