[PR]

 子育てを社会全体で応援する雰囲気をつくろうと、長野県は今年も11月19日を「いい育児の日」として、キャンペーンを展開する。県内の企業や団体に協力を呼びかけ、計180の多彩なイベントが各地で開かれる。昨年に続き2年目で、今年はパパの育児応援も打ち出す。

 出産後になかなか映画を見に行けないという母親のために、各地の劇場が赤ちゃん連れのママ向けの映画上映会を開く。13日に佐久アムシネマで始まり、長野、上田、松本、飯田市など8会場である。アルピコ交通はファミリー向けに東京ディズニーリゾートへの日帰りバスツアーを24日に企画した。電話予約が必要という。

 子育て中の母親らでつくる団体「ゆめサポママ@ながの」は「こんなことをやりたい、あったらいいな」と夢の種を話し合う「妄想会議」を県内16カ所で開催する。女性限定で、2日に富士見町、4日に長野市、5日に小布施町で開催。詳しくはホームページ(http://yumesapomama.com別ウインドウで開きます)で。

 パパの育児応援も打ち出す。1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら