写真・図版

[PR]

 長時間のパソコン作業が続き、ストレッチやマッサージをしてもすぐにこりが戻ってしまう――。そんな時には、全身を覆う筋膜がこり固まっているのかもしれません。注目が集まる「筋膜リリース」の方法を教えてもらいました。

 筋膜は筋肉を包み込んでいる薄い膜で、皮膚の下にある浅筋膜、筋肉の上をボディースーツのように全身を連続して覆う深筋膜、一つひとつの筋肉を包む筋外膜などの5種類に分かれている。コラーゲン繊維とエラスチン繊維が重なりあって構成されている。

 筋膜が注目され研究が進んだのはこの40~50年。遠くの物を拾うなど、全身の筋肉を連動させてスムーズに動けるように、離れた筋肉をつなぎ合わせる役割があることも分かってきた。

 理学療法士で首都大学東京教授…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら