[PR]

 立憲民主党の枝野幸男代表は31日の記者会見で、憲法改正の是非を問う国民投票の際に賛成・反対の両派が流すテレビCMについて、自主規制に否定的な日本民間放送連盟(民放連)の会長に憲法審査会で説明を求めるべきだとの考えを示した。

 枝野氏は「今の国民投票法を作るとき、当時の民放連は自主規制するとの趣旨を明確に述べている」と指摘。その上で「憲法審査会に民放連会長に来てもらい、私も質問する。すべてはそこからだ」と述べた。

 また、法改正して規制を盛り込…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら