[PR]

 今年も渋谷の繁華街で、ハロウィーンの仮装をした人たちによる暴徒化が話題になった。もはや本来の意味に関係なく、ハロウィーンなどは一つのきっかけとして、騒動を起こす群衆の共通の動因となっているようだ。

 サッカーでも、そうした群集心理によりトラブルが引き起こされることがある。有名なものでは、アイブロックスの惨事(1971年スコットランド)やヘイゼルの悲劇(1985年ベルギー)、ヒルズボロの悲劇(1989年イングランド)などの騒動はスタジアムで多くの犠牲者を出した。

 以来、それらを教訓として安全対策が厳格となり、スタジアムの整備も進められている。海外、特にヨーロッパでのサポータートラブルは宗教、民族、人種、政治的などの対立が背景にある。それが戦いをヒートアップさせ、しばしば大きなトラブルに発展させている。日本において、そのような要因はないが、それでも諍(いさか)いは無くなることはない。

 我々の業態はプロサッカーの興…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも