[PR]

 子どもがスマートフォンなどで自分の裸を撮影し、他人に送ってしまう「自画撮り」の被害が多発している。児童ポルノ事件の被害者の4割を占め、宮城県内でも小学6年の女児に画像を送らせたとする事件が摘発された。県警は対策に乗り出し、県も自画撮りの要求を罰する条例化を進めている。

要求 県が罰則化へ

 「自分も見せたから、裸の写真を送って」「誰にも見せないから」

 県警は10月、小学6年の女児…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら