[PR]

 大リーグ・エンゼルスの大谷翔平が30日(日本時間10月1日)、レギュラーシーズンの全日程を終えた。大リーグ1年目の今季は、打者としては104試合、打率2割8分5厘、61打点、22本塁打。投手としては2度の右ひじ故障があり、10試合で4勝2敗、防御率3・31の成績だった。

 最終戦に先立って、アナハイムの本拠スタジアムで記者会見が行われ、大谷がシーズンを振り返った。報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――チームとしてはプレーオフに進出できなかったが、個人的には。

 「毎日楽しく野球ができたのが一番よかったかなと思う。ポストシーズンに行けない悔しさももちろんあるが、それは、また来年にぶつけられればいいんじゃないかと思う」

 ――一番成長したところ、一番学んだところは。

 「毎日感じるのは、まだまだう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも