[PR]

 本場イタリアの一流の演奏家とオペラ歌手たちが1日、福岡県行橋市を訪れ、同市長尾の認定こども園「みのりこども園」で開かれた特別コンサートに出演し、本格的な演奏や迫力のある歌声を市民らにプレゼントした。

 会場は今春完成した園舎のホール。バイオリン、ビオラ、チェロ、フルート、オーボエ、ハープの奏者7人が出演し、ビバルディ「四季」の「夏」やマスネ「タイスの瞑想(めいそう)曲」などを演奏。バリトンとテノールの歌手3人がカンツォーネ「オー・ソレ・ミオ」などを披露した。

 アーティストたちは、NPO法人北九州シティオペラが9月29、30日に北九州市の北九州芸術劇場で開いたオペラ公演「ランメルモールのルチア」の出演者たち。イタリア・トリエステ市にあり、200年以上の歴史を誇る名門のジュゼッペ・ヴェルディ歌劇場と共同制作されたもので、同歌劇場ゼネラルマネジャーのアントニオ・タスカさんからシティオペラの蓮井求道理事長に提案があり、「本当の本物の音楽を子どもたちに聴いてもらおう」と自分が理事長を務める同園に招いた。

 特別コンサートには近くの椿市…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら