[PR]

 和歌山県紀美野町と有田川町にまたがる生石高原で、ススキが見頃を迎えている。例年は写真愛好家や観光客らが遠方からも訪れてにぎわうが、今年は閑古鳥が鳴いている。

 「せっかくのススキなのに、お客さんがほんまに少ない。こんなの初めて」。生石高原の軽食・土産物屋「山の家おいし」の店長、西川泰寿さん(73)はそう肩を落とす。ススキが見頃を迎える10、11月は、本来ならかき入れ時だ。

 9月4日の台風21号の影響で、紀美野町方面から生石高原に向かう町道が通行止めになった。以来、客足が激減。例年なら150台以上入る駐車場がいっぱいになる時期なのに、今年は天気が良くても1日数十人しか訪れない。「大阪方面から紀美野町を通って来る人が大半でした」と西川さん。店にかかって来る電話はほとんどが道を尋ねる電話だという。紀美野町によると、10月中旬ごろをめどに町道の復旧作業を進めている。

 生石高原へ行くには、1日現在…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら