[PR]

 9月30日の沖縄県知事選は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する玉城(たまき)デニー氏が、過去最多得票で当選した。玉城氏は「まずは対話を」と呼びかけ、安倍政権も応じる姿勢を見せる。ただ「辺野古」で両者が折り合う可能性は極めて低く、互いの出方を見定めていくことになりそうだ。

 「私たちから拒絶をすることはない。政府には、県ときちんと対話をする姿勢を見せてほしい」

 玉城氏は初当選から一夜明けた1日、那覇市内で朝日新聞の取材に答えた。翁長雄志(たけし)前知事の後継として「辺野古ノー」の遺志を引き継ぐ玉城氏だが、まずは柔軟姿勢を見せて、政府に対話を呼びかけていく考えだ。

 辺野古の現状は玉城氏にとって厳しい。埋め立て予定区域の一部はすでに護岸で囲われている。県が8月末に、沿岸部の埋め立て承認を撤回したため工事は中断しているが、政府は法的措置を取ったうえで土砂投入を始める方針だ。

 翁長氏が踏み切った埋め立て承…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら