[PR]

 広島県大竹市の玖波(くば)中学校の裏山に、緑の中に白地で黒く大きな「C」の字が見える。なじみのある形……。視力検査で使うあれだ。でも、いつ誰が、何のために?

 「毎日遠くの山や緑を眺めて、目の疲れをとり、心にゆとりを持ちましょう」。校舎前の立て看板にはこう書かれていた。

 話は、1986年6月にさかのぼる。当時のPTAが中心となり企画した。海辺の幹線道路やJR山陽線からでも目立つ物を作れば話題になるかも。そんな遊び心もあったようだ。

 校庭から400メートル先の山…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く