[PR]

 麻雀のプロスポーツ化をめざし、7チームが参加するプロリーグ「大和証券 Mリーグ」が1日、開幕した。開幕式には川淵三郎・最高顧問が登壇し、「健康で健全なスポーツとしての麻雀を、Mリーグを通じて広めていきます。五輪競技の正式採用に向けて、国際交流を深めていきます」と開幕宣言した。各チームが80試合を戦い、来年3月には優勝チームが決まる。

 1チームはドラフトで選ばれた3選手で構成され、ユニホーム姿で参戦する。開幕を前に、取材に応じた俳優の萩原聖人選手(TEAM RAIDEN)は「新しいスポーツ、エンターテインメントが生まれた。歴史の一ページを飾れる。全ての責任を背負って盛り上げたい。五輪競技にするのが目標。まずは麻雀を見て楽しむ人を増やしたい」と意気込みを語った。

 萩原選手以外のドラフト1位選手のコメントは以下の通り。

 赤坂ドリブンズ・園田賢選手 麻雀は点棒を一番多く集めた人が勝つ。そのためのアプローチはいろいろある。単純な攻撃や守備だけでなく、変化球を使って、場をかき回していく。

 EX風林火山・二階堂亜樹選手 華ではなく、実ある麻雀を見せたい。

 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人選手 余計なところに時間をかけないテンポの良さを見てほしい。

 渋谷ABEMAS・多井隆晴選手 選手が持っている人間味を見てもらいたい。初代Mリーガーの一人として、人となりを伝えていきたい。

 セガサミーフェニックス・魚谷侑未選手 麻雀プロになって10年目になる。10年の思いを込めて、一打一打に感情を込めていきたい。

 U―NEXT Pirates・小林剛選手 見たことのない新しい麻雀をみせてくれる3人が集まった。麻雀の常識を打ち破るかつてない麻雀をみせたい。

 試合は来年2月まで毎週月、火、木、金曜日の午後7時から。すべてインターネットテレビのAbemaTVで無料生中継される。(高津祐典)

こんなニュースも