[PR]

 福井国体1回戦で、下関国際のエース鶴田克樹(3年)が王者・大阪桐蔭を苦しめた。0―2で敗れたが、「思ったよりロースコアになった」と手応えを語った。

 今夏はエースで4番として、全国選手権8強入りの原動力となった。敗れた準々決勝の日大三(西東京)戦も七回2死まで無安打投球を見せるなど、力強い投球が光った。この日も、その投げっぷりは健在。ツーシームやカットボールで球を動かし、許した安打を5本にとどめた。

 悔やまれる1球は、二回無死一塁、根尾昂(3年)に対しての3球目だった。ツーシームが高めに浮き、中堅左のスタンド奥深くまで運ばれた。「まだまだやるべきことがあったと思う」と思わされるほどの打球だった。

 2失点に踏ん張れたのは、野手の支えがあったから。内野陣は3併殺を奪って、109球での完投をアシストした。坂原秀尚監督はみんなを手放しで褒めた。「鶴田はベストピッチ。守備もよく守って、最後にうち本来の野球ができた」(小俣勇貴

こんなニュースも