[PR]

 ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった京都大の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授(76)は、中堅製薬メーカーの小野薬品工業(大阪市)と共同研究を進めた。小野薬品はその後、がん治療薬「オプジーボ」を開発して、2014年に商品化した。発売すると、利益を倍増させる「魔法の杖」となった。

 「がん治療薬と感染症の薬はやらないというのが不文律だった」。小野薬品の関係者が明かすのは、1999年に商品開発に乗り出したころの、社内の微妙な空気だ。

 がんや感染症の薬は、大手が激しい競争を繰り広げていた。中堅の小野薬品には冒険にみえた。まして、がん治療薬の知見を持つ研究者がいるわけではない。

 だが、当時、ほかの薬の開発が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら