[PR]

 6日で83年の歴史に幕を下ろす築地市場。早朝の市場は、買い付けに来た客が足早に行き交う。歩き方はそれぞれだ。

 すし店「大塚高勢(たかせ)」の外山義晴さん(57)はいつもの仲卸を巡り、その日の極上の魚介を買い付けていく。

 「高勢さん。助けてよ」。仲卸「伏万(ふしまん)支店」の金木浩さん(53)に声をかけられると、立ち止まり、ホッキ貝をつかんで選(よ)り始めた。

 「旬のいいものがたくさんある…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。