【動画】「感謝いたしております」 本庶佑・京都大特別教授が会見=高橋大作撮影
[PR]

 ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった本庶佑・特別教授(76)はグレーの上着に水色と白のシャツ姿で京都大の会見場に姿を見せた。「受賞は大変名誉なことだと喜んでおります。長いこと苦労してきました共同研究者、学生諸君、支えてくれた家族、言い尽くせない多くの人に感謝しております」と切り出した。

 カメラのフラッシュが盛んに光るなか、自身の発見が新たながん治療薬の開発につながったことに触れた。「1992年のPD―1、それに続く極めて基礎的な研究が、新しいがん免疫療法に結びついた。そしてたまにではありますが、この治療法によって、重いがんから回復した患者から、『あなたのおかげ』と言われると、自分の研究に意味があったと実感し、何よりもうれしく思います」

 「自分は幸運な人間だ」という言葉も繰り返した。

 1992年に論文発表したPD…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら