[PR]

 iPS細胞の発見で2012年にノーベル医学生理学賞を受賞した、京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長は1日、本庶佑さんの受賞決定について「(本庶さんの受賞を)毎年、待ちわびていた一人として、跳びあがるほどの気持ち」とする喜びのコメントを発表した。

 本庶さんの発見を「人類の敵、がんに対する、免疫システムを利用した画期的な治療法を生み出しました」と振り返り、「世界中の患者さんに希望の光を灯(とも)し、人々の健康に多大なる貢献をされました。基礎研究が医療応用へと発展した本庶先生のご業績は、私たち医学研究者の目標であり、心から敬意を表します」と述べた。

■田中耕一さん「同じ京都、喜ば…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら