写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 今年のノーベル医学生理学賞は、免疫の仕組みを利用した、新たながん治療薬の開発につながる研究をした2人に決まった。そのうちの1人が京都大学特別教授の本庶佑さん(76)。27年前に見つけた「なぞの分子」がきっかけだった。2人の研究がそれぞれ「免疫チェックポイント阻害剤」となり、皮膚がんや肺がんなどの治療に広く使われるようになった。

 新たながん治療開発のきっかけになった「PD―1」という分子は、元々はまったく別の研究をしていて見つけた。当初予想していたのとは違う「なぞの分子」だった。

 京都大の本庶研究室の助手だった石田靖雅さん(現奈良先端科学技術大学院大学准教授)が1991年に発見し、翌年論文を発表した。

 石田さんらは細胞が自ら死を選ぶ「アポトーシス」という現象に関わる遺伝子を探していた。本庶さんたちは当初、見つかったこの分子が、細胞死をひき起こすと考えた。予定(プログラム)された細胞死(デス)の頭文字から「PD―1」と名付けた。だが、何度実験しても、細胞は死ななかった。

 「決着するまでやろうやないか。別にアポトーシスでなくてもいいわけや。免疫で面白そうなものが取れてきた」と本庶さん。やがて「免疫細胞」の一つ「T細胞」の表面にこの分子が出現することに気づいた。

 本庶さんらは、まず遺伝子を操作し、PD―1がつくれないようにしたマウスを育ててみた。何らかの異常な症状が出るはずだが、マウスは普通に育っているようにしか見えなかった。なぞはますます深まった。

 京都大の湊長博教授(現副学長)が研究に加わり、改良したマウスの細胞で実験を続けた。「ここは粘って待とう」と湊さん。異常がないように見えたマウスを長期間観察し続けていると、生後約1年で腎臓に炎症が起きるのを見つけた。

 湊さんは免疫異常で起きる「ループス腎炎」に似ていると直感した。免疫が自身の細胞を過剰に攻撃してしまうリウマチに似た症状が関節にも出た。PD―1を失ったことでブレーキが利かなくなり、本来は病原体などと闘うT細胞が自分の細胞を誤って攻撃しているのではないか。薬に使えると思った瞬間だった。

■共同受賞・アリソンさん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら