[PR]

 英国中部バーミンガムで開かれている与党・保守党の党大会で、香港に関するイベントの運営側の男性(24)の顔をたたいたとして、国営中国中央テレビの女性記者(48)が一時警察に拘束された。AFP通信などが報じた。在英中国大使館は1日、この女性記者を不当に同イベントから退出させたとして、主催者に対し、記者に謝罪するよう求める声明を出した。

 イベントは9月30日、保守党の人権委員会の主催で、香港の自由、法の支配、自治をテーマに開かれた。AFP通信によると、この女性記者がイベント登壇者に対し「反中国的だ」と怒鳴ったため、運営側の男性が退出を求めたところ、顔を平手打ちされたと、男性側は話している。地元警察は暴行の疑いで女性記者を一晩拘束し、釈放した上で捜査を続けているという。保守党はこの女性記者の取材許可を取り消したという。

 これを受けて、在英中国大使館が1日に声明を出し、「言論の自由を誇る国で、中国のジャーナリストが質問し、意見を表明しただけで、このような妨害にあわねばならないのは不可解だ。まったく受け入れられない」などと抗議した。

 ソーシャルメディア上には、運営側とみられる男性数人に囲まれ、腕をつかまれて退出を促された女性記者が、抵抗しながら「私に構うな! 私には(取材する)権利がある!」などと叫ぶ映像が投稿されている。(バーミンガム=下司佳代子)