[PR]

 マツダは2日、2020年をめどに電気自動車(EV)を投入すると発表した。独自のロータリーエンジン(RE)技術を活用したEVも開発。ガソリンエンジンなど内燃機関の性能を高める戦略は変えずに、30年には電動化技術を全車種に採り入れる考えだ。

発電機の役割担う

 「マツダにしかない技術を最大限活用し、走る喜びを体現したEVを実現していく」。2日に東京都内であった説明会で、マツダの丸本明社長は強調した。

 マツダが開発するEVは、たとえ電池が少なくなっても搭載した発電機の力で走る「レンジエクステンダー」の車だ。この発電機の役割をガソリン車で培ったREに担わせ、モーターを回して走行を持続させる。

 REは一般的なエンジンよりも…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら