[PR]

 ノーベル医学生理学賞の受賞決定から一夜明けた2日午前、京都大の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授(76)は妻滋子(しげこ)さん(75)とともに京大を訪れ、職員らから花束を受け取り、祝福を受けた。その後、朝日新聞の取材に応じ、若手研究者の支援をする基金を京大に設立する意向を明らかにした。ノーベル賞の賞金や、オプジーボの販売で得られた利益の一部を受け取るロイヤルティー(権利使用料)などを元手にする計画という。

 本庶さんは「サイエンスは未来への投資」と話した。本庶さんらが発見した「PD―1」という分子を標的にしたがん治療薬は、世界中の製薬大手が様々な種類を開発。すでに年間数千億円を売り上げる薬が複数ある。本庶さんはオプジーボを開発した小野薬品工業(大阪市)と共同で特許を出願するなどしており、これらの薬の特許の一部は本庶さんらが保有しているとみられている。

 本庶さんはこれまでに「若い生命科学の研究者が研究費に困っている。その人たちの給与と研究費をサポートできる仕組みをつくりたい」と指摘していた。この日朝、京大で開かれた会見でも「今、もうかっているところに投資するのは、後れをとる。(研究で得られた)『果実』は大学に返し、後進を育てることに使いたい」と述べ、基礎研究の重要性を強調した。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(合田禄、後藤一也)