[PR]

 韓国の与党「共に民主党」の李錫玄(イソクヒョン)議員は2日、韓国の領海を「旭日(きょくじつ)旗」をつけた船舶を通過できなくする法案を国会に提出した。済州島で10~14日に開かれる国際観艦式で、海上自衛隊が自衛艦旗(旭日旗)を掲げて参加する方針を示したことへの対応としている。可決されるか見通せないが、韓国政府に強い対応を求める狙いがある。

 李氏は外交統一委員会の所属議員。あわせて旭日旗を韓国内で製造・使用することを禁止する刑法改正案も提出。改正案は、旧日本軍が使った旭日旗について韓国社会で「軍国主義の象徴」「戦犯旗」との見方があることを念頭に、「旭日旗をはじめ帝国主義や戦争犯罪を象徴する衣服や旗、マスコットその他の製品を製作、流布などした者」を懲役刑や300万ウォン(約30万円)以下の罰金にすると明記した。

 観艦式が近づくにつれ、韓国では与野党問わず国会議員が政府に日本側に強硬な態度でのぞむことを迫っている。保守系野党「正しい未来党」は、日本に「要請」する方法では手ぬるいとして「日本に対してノーと言える外交が必要だ」とする論評を発表した。(ソウル=武田肇)