[PR]

 犬派、猫派にわかれるのが世の中の常ですが、両方一緒に飼う楽しさを描いた漫画がヒットしています。SNSで火がつき、単行本にもなりました。作者の松本ひで吉さんに、犬猫一緒に飼うことについて聞きました。

 おやつをもらえる期待に胸を膨らませ、ウルウルの瞳で飼い主に尾を振る犬。その様子をじっと見つめ、猫がつぶやく。

 「脳ミソお花畑か小僧。ヤツら(人間)が寝しずまったあとで盗み食うんだよ」

 そんな、無邪気な犬とクールな猫の対照的な日常を描いた漫画「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」。漫画家の松本ひで吉さんが2017年2月から、自身の愛犬、愛猫のエピソードを描き、無料でツイッター上で公開してきた。犬派と猫派の双方から支持を得て、ツイッターのフォロワーは23万人以上にもなっている。

 「趣味で描き始めました。この子たちのことだと勝手に手が動くんです。うちの子の話を聞いてくれ!という感じで」と松本さんは振り返る。今年6月に講談社から単行本化されるとすぐに重版され、これまでに5刷り約18万部を発行。12日には第2巻が出た。

 猫は09年春ごろ仕事場のそばで拾い、犬とはそのすぐ後にペットショップで出会った。犬派と猫派は何かと張り合いがちで、どちらの「派閥」に属すかは性格診断に使われるほどだが、松本さんは「もともとどっちも大好き」。一緒に飼うことでそれぞれの性格が際立ち、どちらもますます好きになっていくという。

 「うちの犬は天真らんまんでいつもハイテンション、猫は不器用な性格でローテンション。どっちも違って、どっちもかわいい」。2匹が仲良く取っ組み合っている様子を眺めるのは、至福の時間だ。

 いまも新作を無料で公開しているツイッターには、たくさんのメッセージが寄せられる。実際に犬や猫を飼っている読者が多い。ツイッター上で犬派、猫派、どっちも派が共存し、松本さんの描くエピソードに共感しあっている。

 ただ、両方飼うには配慮も必要…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら