[PR]

 環境省は2日、葛西海浜公園(東京都江戸川区)と志津川湾(宮城県南三陸町)の2カ所を、水鳥の生息地として国際的に重要な湿地を守る「ラムサール条約」の登録地に申請すると発表した。21日からアラブ首長国連邦のドバイで開かれる締約国会議までに登録される見通し。葛西海浜公園が登録されれば、都内初となる。

 環境省野生生物課によると、葛西海浜公園は荒川と旧江戸川の河口に広がる367ヘクタールの干潟で、多くの渡り鳥が越冬し、ガン・カモ類が2万羽以上飛来することなどが登録基準に合うという。志津川湾は三陸海岸南部の海域5793ヘクタール。藻場が広がり、国の天然記念物コクガンの餌場になっているという。

 また登録済みの円山川下流域(兵庫県豊岡市)は、国の特別天然記念物コウノトリの野外生息数が増えたため、区域を2倍近くの1094ヘクタールに広げる。