[PR]

 東京・上野公園の東京都美術館で開かれていた「没後50年 藤田嗣治展」(朝日新聞社など主催)が8日、閉幕した。日仏を舞台に活躍した画家・藤田の画業を紹介する史上最大級の回顧展で、7月31日に開幕し、総入場者数は30万1638人だった。

 19日から12月16日まで、京都国立近代美術館に会場を移して開催される。