【動画】鎮火しないままの六甲アイランドのコンテナ=井手尾雅彦撮影
[PR]

 高潮被害を各地にもたらした台風21号から1カ月。神戸市東灘区の人工島・六甲アイランドで冠水し、翌日に出火したコンテナ火災が、鎮火していない。コンテナの中身は放水すると爆発の恐れがあるマグネシウム。その後も強雨や台風で消火作業がたびたび中断し、くすぶっている。

 台風21号は9月4日、徳島県に上陸後、神戸市付近に再上陸。神戸港では過去最高潮位の233センチを観測した。

 東灘消防署によると、火災は台風が過ぎた後の5日午前3時45分ごろ、六甲アイランドの国際コンテナターミナルで発生。出火原因は不明だが、これまでにコンテナ16個が焼けた。うち3個には、袋に小分けされた粒状のマグネシウム計66トンが保管されていた。

 消防は当初、コンテナの中身を把握できていなかった。泡状の薬剤をまいて消火にあたったが、薬剤に含まれていた水分とマグネシウムが反応し、出火の約3時間後には「ボン」という大きな音とともに爆発が起きた。

 その後、乾燥した砂をかぶせて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら