[PR]

 3日未明、埼玉県ふじみ野市の住宅街で約20分間に自転車や自動車のカバーが焼ける火災が4件相次いだ。県警は連続放火の可能性が高いとみて調べている。

 東入間署によると、3日午前1時40分ごろ、同市丸山の住宅前に止めてあった自転車のカバーから火が出ているのを通行人が見つけた。その後、午前2時ごろにかけて、2カ所で自転車のカバーが、1カ所で車のカバーが燃えているのが相次いで見つかった。いずれも知らせを受けた住人や近所の人が消し止め、けが人や延焼はなかったという。

 現場は東武東上線ふじみ野駅から上福岡駅間の線路に近い住宅街の直線距離で約800メートルの範囲。いずれも路上や歩いて入れる民家の敷地内だった。火の気がないことなどから、署は、何者かが連続して火をつけた可能性が高いとみている。