[PR]

 今季限りでの現役引退を発表したプロ野球・福岡ソフトバンクホークスの本多雄一内野手(33)が3日、福岡市中央区のヤフオクドームで会見を開いた。「後悔は全くないですけど、さみしさはあります」と思いを語った。6日の本拠最終戦で引退試合を行う予定。

 地元福岡県出身で「ポンちゃん」の愛称で親しまれ、2010年から2年連続でパ・リーグ盗塁王に輝くなど13年間ホークス一筋でプレー。2年契約最終年の今季は開幕スタメンだったが、出場はプロ入り後最少の32試合にとどまった。

 引退を決意したきっかけは12年に首を痛めたこと。「薬を飲みながらやってきたが、去年から首の痛みが出る回数が増え、思うようにプレーできなかった」

 通算342盗塁は現役選手では3位。「350盗塁を達成したい気持ちはあった。よく走ったと思う」。鹿児島実高の先輩、巨人の杉内俊哉投手(37)も引退を表明し、「(自分が年下なのに)引退が一緒なのは少し情けない」と残念がった。同僚で同学年の長谷川勇也選手から花束を贈られると、泣きながら抱き合った。指導者として球団に残ることを希望しており、「経験を生かして前に進んでいきたい」と話した。

 ソフトバンク・本多雄一選手の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら