[PR]

 金融庁職員や銀行員を装い、還付金を受け取れるなどとうそを言って現金をだまし取ったとして、警視庁などは3日、指定暴力団山口組の2次団体「中島組」(大阪市淀川区)幹部の藤井幸治容疑者(56)や組員ら7人を電子計算機使用詐欺などの疑いで逮捕し、発表した。

 中島組トップは山口組に約50人いる「直参(じきさん)」と呼ばれる幹部の一人。警視庁は藤井容疑者らが特殊詐欺グループを統括し、一部が組の収入源になっていたとみている。藤井容疑者ら6人は容疑を否認、1人は認めているという。

 組織犯罪対策4課によると、逮捕容疑は今年2月、東京都内の70代男性宅にゆうちょ銀行員らを装い「医療費の還付金を受け取れる」とうその電話をかけて、約150万円を詐取するなどしたというもの。これまでに逮捕した「かけ子」ら21人の一部が「中島組の幹部に詐取金が流れている」と供述したため、6月には組事務所を捜索し、裏付けを進めていた。

 警察庁によると、今年上半期(1~6月)、特殊詐欺事件で逮捕・書類送検したのは1325人。暴力団や準暴力団などが主導的立場で関与しているとみているが、立件したのは現金の「出し子」や「受け子」などが半数以上を占め、主導役は29人と全体の2・2%にとどまっていた。

 西日本の山口組関係者は「多くの場合、上まで逮捕されないのは『下が勝手にやっている』と言い訳が立つように通話履歴や直接のやり取りを一切残さないように徹底しているから。幹部クラスが逮捕されれば組織としては打撃」と話す。