[PR]

 大阪府警富田林署から逃走した男が自転車での「日本一周」を装っていたとされていることに、自転車での旅の愛好家から「イメージダウンで冒険に支障が出る」と心配の声が上がっている。全国をめぐる旅に疑いの目が向けられかねないからだ。

 加重逃走容疑で逮捕された樋田淳也容疑者(30)は、自転車で西へ向かい、道中は日本一周のふりをしていたとみられている。山口県周防大島町の道の駅では、倉庫に寝泊まりさせてもらっていた。

 「帰国早々、悲しいニュースでした」。自転車で世界一周を達成し、9月28日に帰国したばかりの出堀(でぼり)良一さん(34)=東京都=は残念がる。

 9年4カ月かけて115の国・地域を走破し、帰国後は九州をめぐっている。旅の途中、住民らの善意で食料やトイレ、雨宿りの場所を無償で提供してもらうこともあり、「多くの方々の親切を得て走り続けられる。その親切心を裏切ることがあってはいけない」。

 風評被害が生まれ、サポートが得にくくなるのを心配している。「今のところ実害はないけど、道の駅などは警戒されそうで寄りづらい」と嘆いた。

 約50カ国を自転車で旅した福…

この記事は有料会員記事です。残り300文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り300文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り300文字有料会員になると続きをお読みいただけます。