[PR]

 中部電力は3日、台風24号の影響で同日午後4時現在、県内の約3万戸が停電していると発表した。4日の全面復旧を目指すという。また、台風とその後の高波の影響で、御前崎市などの約2万7700戸が新たに最長約5時間、停電したという。

 中部電によると、午後4時現在、浜松市で約1万1200戸、掛川市で約6500戸が停電。菊川、御前崎、磐田、静岡、島田、袋井、森の各市町でも1千戸以上が停電している。倒木などで復旧工事に車両が入れない箇所などを除き、4日中をめどに復旧を目指すという。

 県警によると、停電の影響で3日午後4時現在、県内で110基の信号が点灯していない。こうした信号がつかない交差点で午後3時半までに87件の交通事故が起き、うち30件は人身事故だったという。

 中部電はまた、高波の影響で新たな停電が起きたと発表。3日午前5時すぎから、御前崎市や菊川市、牧之原市の約1万2500戸で5時間13分にわたって停電するなどした。変電所間をつなぐ高圧の送電線の鉄塔に海水が当たって塩が付着し、本来は絶縁している部分に電気が流れたことが原因という。80人態勢で洗浄した。(宮川純一)