[PR]

 マグニチュード(M)7・5の地震と津波が襲ったインドネシア中部スラウェシ島にあるソプタン山が3日、噴火した。同国の国家防災庁(BNPB)が発表した。

 ソプタン山は島北部にあり、9月28日夕に起きた地震と津波で大きな被害のあった島中部パルまでは約600キロ離れており、影響はない模様だ。

 同庁によると噴火による負傷者は確認されていない。噴煙は山頂から約4千メートル上空に達した。(ジャカルタ=守真弓)