[PR]

 台風24号に備え、JR東日本が初めて首都圏全路線で実施した「計画運休」について、深沢祐二社長は3日の定例会見で「結果的に混乱防止のために良かった」と述べた。今回は比較的利用者が少ない日曜日だったが、平日であっても「同じ規模の台風が来れば、同じ(計画運休の)判断をする」と述べた。

 深沢社長は「平日の場合、影響人員は倍になるだろう」とも述べ、判断のタイミングを早めることや、情報提供にSNSを活用することなどを検討していくとした。

 JR東は台風上陸前の9月30日正午過ぎ、首都圏全路線で午後8時以降の運行を取りやめると発表。小田急や西武、東急などもこれに続いた。JR在来線だけで1218本が運休し、約45万人に影響した。(細沢礼輝)