[PR]

 多賀町出身の画家大矢良治さん(62)が愛荘町立愛知川東小学校に自作を寄贈し、3日に同小学校で記念の授業を開いた。

 愛知川東小は近年児童数が急増し、8月に校舎を増築したばかり。新しい校舎の玄関に芸術作品を飾りたいと考えた豊原豪教頭が、大矢さんに寄贈を依頼した。豊原教頭と大矢さんはともに多賀町霜ケ原の出身という縁がある。

 寄贈されたのは、15号の油絵「街」。大矢さんが20代の頃に訪れてスケッチしたフランス・パリの裏街を40代に油絵にした作品だ。

 大矢さんは約400人の全校児…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら