[PR]

 プロ野球独立リーグ・BCリーグの「福島ホープス」(郡山市)を運営する株式会社福島県民球団の経営に暗雲が漂っている。元大リーガーの岩村明憲監督が3日、取材に対し、同社の社長と半年間ほとんど連絡が取れていないと明かした。関係者によると、現在新たな運営会社の設立を模索しているという。

 岩村氏はこの日、県庁を訪問し、内堀雅雄知事に今季の成績を報告。その後、報道陣の取材に応じた。

 関係者によると、観客数の伸び悩みなどで経営が悪化。今春以降、社長の男性と音信不通になったこともあり、岩村氏が運営費を負担することもあったという。負債は数千万円以上に上るという。

 岩村氏は「選手たちを路頭に迷…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら