[PR]

 朝日新聞社と米紙ニューヨーク・タイムズは、朝日新聞創刊140周年と、両者の提携90周年を記念するシンポジウムを11月9日午後3時から、東京大学安田講堂(東京都文京区)で共催し、読者の皆様をご招待します。

 米国を代表するメディアであるニューヨーク・タイムズの発行人として、今年1月に就任したアーサー・グレッグ・サルツバーガー氏が今回、初来日します。世界的ベストセラーの著者で、ピュリツァー賞を3度受賞した同紙コラムニスト、トーマス・フリードマン氏とともに、「激変時代の羅針盤――社会とメディアはどう動く」をテーマに、日本の識者、市民や学生と話し合います。

 申し込みはウェブ(http://nyt-asahi-blue.peatix.com別ウインドウで開きます)から。参加無料。10月19日締め切りで、応募多数の場合は抽選となります。お問い合わせは電子メール(asahi-e@ctime.co.jp)か電話(03・6256・0396、平日10時~17時)まで。