[PR]

 鹿児島の芸術や文化を発信する催し「SATSUMA城山物語」が6日、鹿児島市で始まった。13日と20日には「偉人たちのお好み弁当」が販売される。

 西郷隆盛のパワーフード「豚骨」や、大久保利通が好きだった「ちらしずし」、篤姫の「白いんげんの甘煮」など維新の偉人らの好物が並ぶ。

 奄美市の食文化研究家久留ひろみさんの監修。西郷と生き別れた妻愛加那(あいかな)の地元奄美の料理「鶏飯(けいはん)」も。「弁当の中では一緒にいてほしい」と久留さん。