[PR]

 「お父さんお母さんとわたしはがんばりました」

 2001年1月、体調を崩して急逝した可児妙子さん(当時18)が、緊急入院した病室の枕元においたメモ帳に書き残していた言葉だ。母親の可児佳代さん(64)は、葬儀を終えたあと、夫から「これを書いていた」と手渡され、読んだときの衝撃を鮮明に覚えている。両親と、そして自分自身をねぎらう言葉に、涙が止まらなかった。

 「防げる病気なのに、つらい思いをさせた。こんな思いを、もうだれにもさせたくない」

 妙子さんは、生後すぐから、白…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら