カーブ構造に物流の歴史 築地のかたち

有料記事

抜井規泰
[PR]

魚河岸ものがたり:42

 2018年10月6日。築地市場は、最後の営業日を迎える。戦前の建物は、敷地の外周に虹を描くようにカーブしている。この湾曲した構造が、日本の物流の歴史を物語っている。

   ○   ○

 殿様「これ。即答を許す。このサンマ、いずこで仕入れたか」

 家来「ははっ。日本橋は魚河…

この記事は有料記事です。残り616文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!