築地 魚食文化を守り83年 「我々がいる所が河岸だ」

有料記事

抜井規泰
[PR]

魚河岸ものがたり:43

 関東大震災で日本橋の魚河岸が壊滅し、1935(昭和10)年に開場した築地市場。その最後の日が、やってきた。

 「ヨーッ、シャンシャンシャン……」

 6日、場内のあちこちで、「手締め」が鳴り響いた。

 ウニのセリ場から、奇妙な橋が見える。こちらに真っすぐ向かってくるように建設された橋が、すぐそこで工事が止まっている。

 環状2号線(環2)だ。

 戦前から計画されていた道路で、皇居外堀に沿う「外堀通り」から新橋を抜けて豊洲まで結ぶ。4年前に開通した、いわゆる「マッカーサー道路」で延伸され、2020年の東京五輪パラリンピックで都心と臨海部の各競技場を結ぶ大動脈となる。築地市場は、その未着工区間のど真ん中にある。

 ある仲卸は「ここをさっさと…

この記事は有料記事です。残り870文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!