[PR]

 昨年の九州北部豪雨で被災した福岡県朝倉市黒川の住民たちが、土砂で荒れた田んぼに植えたコスモスを使ってドレッシングを作った。コスモスを使ったメニューも次々と開発されており、コスモス料理を食べ歩くスタンプラリーも始まる。「コスモスを朝倉の新名物に」と期待が高まる。

 3日、地元の住民らが黒川の公民館に集まり、畑からコスモスを摘み取った。専門家の指導の下、タマネギや塩こうじ、出し汁などを花びらと一緒にミキサーで攪拌(かくはん)するなどして、鮮やかなピンク色のドレッシングを作り、ビンに詰めた。

 「これなら自分でもやれる。みんなで作るから楽しい」と、「宮園たんぽぽの会」の宮崎幹子さん(69)は笑顔を見せる。

 会は昨年4月、宮園集落の女性…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら