[PR]

 米最高裁判事に指名されたブレット・カバノー氏(53)の性的暴行疑惑で、トランプ大統領が議会の公聴会で被害を訴えた女性を揶揄(やゆ)したことが波紋を呼んでいる。上院での指名承認のカギを握る与党・共和党の穏健派議員は、相次いで反発。疑惑を調査している連邦捜査局(FBI)は、近く調査結果をホワイトハウスと議会に提出する予定だ。

 トランプ氏は2日夜、ミシシッピ州の選挙集会で演説。高校時代にカバノー氏らに襲われたと公聴会で証言した大学教授の女性(51)について、「どうやって家に帰ったのかも覚えていない。どうやってそこに来たのかも覚えていない。知らない、知らない、知らない。覚えているのはビールを1杯飲んだことだけだ」とからかった。

 さらに、女性が虚偽の告発をしているとにおわせた上で、「(カバノー氏の)人生は台無しだ。彼の奥さんも傷ついている。人格攻撃だ」と批判した。

 トランプ氏の発言に対し、上院の指名承認でカギを握る共和党穏健派の議員は次々と不快感を示した。

 FBIの調査を求めたフレーク議員は「このような慎重になるべき話題を政治集会で取りあげるのはふさわしくない。ただただ、ぞっとする」と語った。マーカウスキー議員は「全く不適切で、受け入れがたい」と嫌悪感を示し、承認投票の際には「すべてのことを考慮に入れる」と話した。

 FBIの調査は5日が期限。米メディアは、議会やホワイトハウス筋の話として近く調査結果が提出されると報じている。共和党執行部は今週中の指名承認を目指している。

 一方、3日夕時点でカバノー氏やこの被害女性からの直接の聞き取りはされておらず、調査が不十分だとの指摘もある。野党・民主党は「信用できる調査でない」(ファインスタイン議員)と反発している。(ワシントン=香取啓介)