神奈川県茅ケ崎市は4日、服部信明市長(57)が同日朝に死去したと発表した。職務代理者に就いた夜光広純副市長が市選挙管理委員会に通知後、50日以内に市長選が行われる。

 市によると、服部市長は3日夜、市内で開かれたロータリークラブの例会で講演した後、質疑応答中の午後7時半ごろ、その場にしゃがみ込んだという。市内の病院に搬送されたが脳出血で意識がなく、4日午前8時48分に亡くなった。高血圧の投薬治療を受けていたという。

 服部市長は茅ケ崎市議、神奈川県議を経て2003年4月に市長に初当選し、4期目の途中だった。来春の市長選に立候補するかは明らかにしていなかった。